白いお肌で美人顔

7つの欠点をカバー!

女性

美人だね、可愛いね、女性なら誰に言われても悪い気はしないこの言葉。その言葉を得るために、自分自身に自信を持つために、日々絶え間ない努力を続ける日本女性。
これまでの日本女性の美人の条件とは黒髪・色白・引眉のお歯黒の平安美人。富士額に色白のキメ肌、鼻筋の通った涼しい目元の江戸時代以降の美人画に見られる美人像。明治以降は欧米化が進み、日本にも洋服やパーマ等が導入され女性のおしゃれは大きく変わっていきました。ですが、いつの時代も変わらない不変の美人像が「色白の美肌」の持ち主です。
「色の白いは七難隠す」ということわざがあります。多少、顔やかたちに欠点があっても、色が白いということで明るく清潔で美しく見えるという意味です。7つの欠点もカバーしてくれる白い肌。コンシーラーやコントロールカラー、ベースにファンデーション仕上げにハイライト…。白い美肌をつくり上げるために、これらの工程を経ている方も、美白美容液を導入することでどこかの工程が減るかも!
美白、という以上基本的に日に焼けることはNGです。紫外線は一年中私達の肌にふり注がれているので、日焼け止めは必ず塗りましょう。家の中にいるから大丈夫〜なんて甘い考えは捨ててください。紫外線は窓を突き破り侵入してきています。紫外線をあびること=シミが発生する、ぐらい極端な考えでもいいかもしれません。紫外線浴びまくりだけど、美白美容液使ってるからシミにならないでしょう、という恐ろしい考え方をする人はいないと思いますが、美白美容液の効果的な利用方法とその効果についてご説明していきます。